読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

催眠外しは初期SEEDが悪い

僕ゆきだよ~(^o^)

【シングル】僕らのORAS ボルトの威張る〜最終シーズン2000達成構築〜

f:id:yukkyrinrinrin:20160913093312p:image

 

オメガルビーアルファサファイアレーティングバトル最終シーズンお疲れ様でした。

僕は多忙によりシングルバトルしか出来なかったことに悔いが残りますが、ここに書き記すことで出来たことを良い思い出にしようと思います。

 

【イカれたメンバーたち】

ガルーラ@ガルーラナイト〔きもったま→おやこあい〕

 性格:いじっぱり

能力値:191-176-121-×127-152(メガ後)

努力値:84-116-4-×-52-252

からげんき グロウパンチ いわなだれ ふいうち

 

 

 

・採用理由

選出抑制・予想能力が高く、またからげんきとグロウパンチを採用することによって、小賢しさ(例:おにびゲンガー、おにびロトム、おにびヤミラミ、おにびファイアローブルンゲル)を制圧することが出来るため。いわなだれにより、耐久型の突破や、受けループに睨みを利かせてもいる。

 

 

・技構成、持ち物、努力値配分

↓こいつ

 http://ptrst102.hatenadiary.jp/entry/2015/07/18/013059

 

 

 

スイクン@ゴツゴツメット 〔プレッシャー〕

性格:ずぶとい

能力値:207-×-176-110-135-113

努力値:252-×196-0-0-60

ねっとう こごえるかぜ リフレクター ほえる

 

 

 

・採用理由

流し技を持ち、ハッサム入りの積みサイクルに強く出られるゴツメ枠が他に思いつかなかったから。この型のスイクンしか持ってなかったから。

 

 

 

・技構成

ねっとう:ウェポンと呼ぶには威力が乏しいメインウェポン。3割を狙ってしか撃たない。

こごえるかぜ:主にガブリアスへの遂行技。ガルーラ対面で押すことは余り利口ではなくなった。ボーマンダや、カイリューの起点回避にも。

リフレクター:もともとこごえるかぜで素早さを下げたガルーラ対面で撃つ技だったが、オニゴーリの起点作成や、その他の裏のポケモンの耐久補助として撃つことの方が圧倒的に増えたためとても扱いが難しくなった。

ほえる:起点回避。スイクンを捨てる際に対面操作としても使えるため有用。タイマン性能を上げるという意味でのミラーコートとの選択。

 

 

 

・持ち物

物理接触技への受け出しにアドバンテージを生むため。役割対象への遂行に必要。

 

 

 

努力値配分

すばやさ:最速マリルリ抜き。こごえるかぜ1回で最速ガブリアス抜き。

耐久:余り全て。行動回数を最大限に増やすことで擬似的な火力上昇。

 

 

 

化身ボルトロス@きあいのタスキいたずらごころ

性格:おくびょう

能力値:155-×-90-177-100-179

努力値:4-×-0-252-0-252

10まんボルト めざめるパワー氷 きあいだま いばる

 

 

 

・採用理由

当時は先発で起用し、でんじはいばるで、裏のオニゴーリやゲンガーの起点を作成するつもりで採用したが、余りにも選出しまくるため、タイマン性能を上げられるよう、でんじはを抜いてきあいだまを採用しました。通称ゆきEXボルトである。先発ガルーラ対面した場合、これまでだったら威張る(自傷前提)か、スイクンバック(ひみつ、グロウパンチ等非考慮)、ゲンガーバック(素すてみ、素ひみつ、かみくだく等非考慮)などの後ろ向きな行動ばかりをしていましたが、100数戦するうちに、こちらの先発ボルトロスに対して、ひみつのちから以上の打点で殴ってくることが少ないと感じました。ひみつのちからはお相手がA特化でもボルトロスは無振りで耐えるため、1度は居座ることが出来る計算になります。そこで僕はきあいだまを採用し、初手ガルーラ対面では10万ボルトから入ることにしました。するとどうなるでしょう。以下4つのパターンに分けて考えます。

①ひみつのちから以下の打点の技(かみくだく等)

10万ボルトがほとんどのガルーラに対して4割前後入ります。ひみつのちからは耐えます。相手は次の10万も耐えるため、こちらのでんじは・交代を加味した場合、1ターン分損をするふいうちを選択することはほとんどないでしょう。そこで2ターン目きあいだまを押します。ここは10万ボルトのダメージを見て判断することも出来ますが、特防に振っていないガルーラなら耐えられません。勝ちです。

ねこだまし

ボルトロスに半分ほど入ります。相手はこちらが耐久に振っていないことがわかるため、CS特化をまず疑います。その場合、最も危険な珠ないしメガネきあいだまを警戒し、ふいうち、もしくは交代を選択するでしょう。そこで2ターン目は、そのどちらのパターンにも有効な威張るを撃ちましょう。ふいうちの場合は言わずもがな、交代の場合は、こちらのタスキがすでに潰れているため、ターンアドバンテージを得ることはとても重要なことと言えます。仮にガルーラがふいうち以外の技で突っ張ってきた場合にも自傷します。3ターン目ですが、相手はこちらが確率で制圧しようとしているように見てるので、ここでのふいうちはほぼないと言えるでしょう。自傷ダメージ+きあいだまでAを削ってBに割いていないガルーラなら倒れます。きあいだまを撃ちましょう。Aを削っている、もしくはDに振っていて耐えられた場合にも自傷します。勝ちです。

グロウパンチ

1度だけされました。2ターン目きあいだまを撃ったらふいうちで殺されたので、次からは威張ろうと思います。相手自ら自傷ダメージを上げているので10万+自傷で相当なダメージが入ることでしょう。次は勝てます。

④ひみつのちからより高い打点で殴ってきた場合(すてみ、冷パン、なだれ等)

死にます。最悪の場合タスキもバレます。負けです。ほとんどされることは無くなったよう感じますが、悲しいです。一応10万ボルトのダメージは入るので池沼行動ではありません。Twitterでは叩かれないでしょう。実質勝ちです。

また、以前のゆきEXボルト〜プロトタイプ〜では、10万ボルトがほうでんでしたが、ウルガモスへの乱数が弱くなり致命的である、初手ガルーラに対してほうでんで麻痺を引いた場合次のターンふいうちを撃たれやすくなり採用順が上であるきあいだまの採用理由が弱くなる、エーフィが選出されないいない、そもそも麻痺らない、などの理由により、10万への回帰をしました。

 

 

 

・技構成

10万ボルト:メインウェポン。等倍範囲で最大火力。

めざめるパワー氷:ガブリアスを1回の自傷で倒すために必要。主に4倍弱点勢へ。

きあいだま:マンムードリュウズユキノオージバコイルなどを殴れるようになる。ラムを盾に突っ張ってくるゲッコウガにも勝てるように。

いばる:起点作成、チャンスメイク技。最後まで諦めない。

 

 

 

・持ち物

A2段階上昇ガブリアスストーンエッジ急所を耐えるために必要。

 

 

 

努力値配分

タスキで耐久は無限大なのでCS特化。

 

 

 

オニゴーリ@たべのこし 〔むらっけ〕

性格:むじゃき

能力値:161-108-101-120-90-144

努力値:44-60-4-156-0-244

まもる みがわり フリーズドライ じしん

 

 

 

・採用理由

サンムーンで使えるかわからないから。

 

 

 

・技構成

まもる:積み技

みがわり:積み技

フリーズドライ:スイクンマリルリなども殴れるようになるメインウェポン。凍るし急所ワンチャンもある。

じしん:ヒードランジバコイルギルガルドなどを殴れるようになる。メガゲンガーへの遂行速度を上昇。

 

 

 

・持ち物

みがわりをいっぱい出すために必要

 

 

 

努力値配分

HP:16n+1

攻撃:H振りメガゲンガーをじしんで2発だったかな

特攻:H振りスイクンをフリドラで3発だったかな

素早さ:最速マンムー抜かれ調整

防御:余り

 

 

 

ガブリアス@ヤチェのみ 〔さめはだ〕
性格:ようき
能力値:183-165-133-**-105-169
努力値:0-116-140-**-0-252
げきりん じしん がんせきふうじ つるぎのまい

 

 

 

・採用理由

選出画面で電気の一貫を切り、タイプ・種族値・技・型の豊富さにより、汎用性の高い立ち回りに期待ができるため。鋼・いかくを含むサイクルパーティや、増えたウルガモス入りによく選出していた。

 

 

 

・技構成・持ち物・努力値配分

↓こいつ。

http://yukkyrinrinrin.hatenablog.com/entry/2016/05/12/091608

 

 

 

ゲンガー@ゲンガナイト 〔ふゆう→かげふみ〕

性格:おくびょう

能力値:155-×-104-199-116-200(メガ後)

努力値:156-×-28-68-4-252

たたりめ ヘドロばくだん さいみんじゅつ みがわり

 

 

 

・採用理由

いっぱい殺せるから。

 

 

 

・技構成

たたりめ:さいみんじゅつとのシナジーがあるため。シャドーボールはゲンガーしか殴れないため。

ヘドロばくだん:相手が状態異常でない場合の最高打点。ノーマルタイプや悪タイプを殴るために必要。

さいみんじゅつ:いっぱい殺せるから。

みがわり:ボルトが残した威張るや、さいみんじゅつで自主起点作成ができるから。エースであるため、複数体を倒してもらう必要があったから。

 

 

 

・持ち物

メガシンカするために必要。

 

 

 

努力値配分

素早さ:最速。

物理耐久:メガ後A200ガブリアスげきりん確定耐え。メガ前にローブシンランドロスのはたきおとすも耐える。メガ後みがわり状態で、A194メガガルーラかみくだく、ふいうちで身代わり1回分のHPが残る。雪崩、冷パン、炎パンなら2回分残る。

特殊耐久:C167メガネライコウのシャドボ確定耐え。

火力:余り。

 

 

 

【選出について】

基本選出:ボルト先発。裏ゴーリゲンガー。ボルトで起点作成後ゴーリゲンガーで身代わりを残して頑張る。

ガブリアス選出:ゴーリが出しづらい強炎タイプや鋼アタッカーがいる場合。どうしてもボルトが出せない時の先発崩し。

ガルーラ入り:純正受けループ、ヤミラミ入りなどに。

スイクン入り:ハッサム入り積みサイクル、ゴーリピクシー、なんか出したくなった時などに。

 

 

 

【総括】オニゴーリでたくさん遊べてよかったです。ORASが終わらなければ、取り巻きも含めまだまだ研究して行きたかったポケモンの1匹です。サンムーンになってもポケモンはまだまだ続けていきますので、みなさん一緒に頑張りましょう!それではORAS戦士の皆様、お疲れ様でした!!

【ポケモンコマスター】クエストドロップ表

ポケモンコマスターのクエストでドロップするフィギュア・プレート一覧です。

 

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1FD5XItFCnGTCZ-Eo10lCyNAzcLxEPwcYZqIdEP3-iB8

【ポケモンカード】【日記】カメックスメガバトル福岡大会〜プレミアステージ編〜

前の記事はこちら

無敗で迎えたプレミアステージ。あと3連勝でクライマックスステージへ。ここでデッキを入れ替えます。

使用デッキはこちら↓
f:id:yukkyrinrinrin:20160530174134j:image

ビーゾロですね。序盤はゾロアークでアバレ、終盤はビークインでアバレが強いこのデッキ。汎用性の高さにより慎重にかつ柔軟に戦えることを買って採用。頑張ります。


【対戦ログ】
プレミアステージ1戦目
お相手好青年。とても好印象。しかしこちら2回マリガン。ビーゾロがバレる(しかもビーゾロでマリガンかよ…)。3回目でそろうもハンドに2枚「ダブル無色エネルギー」をかかえる。しかもサポートが「プラターヌ博士」しかいない。「時のパズル」が入っていないためとてもつらい。お相手は「ライボルトEX」。「MライボルトEX」になられると『ターボボルト』でこちらの「ゾロアークBREAK」以外全てワンパンされるためこれまたとてもつらい(「うねりの大海」が入っていた場合オーロットフーディンの方がつらかったためデッキ変更は正解かも)。先行はこちら。幸い「ハイパーボール」があったため「シェイミEX」を呼び出して〔セットアップ〕。「N」を神引きしてマリガン分を取り返してターンエンド。お相手のターン。いきなり、
お相手「ポケモンキャッチャーで」
僕「なんて?!」
ニコタマをつけたポケモンを呼ばれるだけでつらすぎる。やめてくれ。幸いコインはウラ。一安心。「ハイパーボール」でシェイミEXをサーチして〔セットアップ〕。ここで、
お相手「ポケモンキャッチャー」
僕「なんて?!!!」
これまた幸いウラ。ビビる。バトル場の「ライボルトEX」にソウルリンクを貼って、「プラターヌ博士」。なんと「ライボルトソウルリンク」が2枚も落ちる。これは「N」が効いたか。ターンエンド。2ターン目以降はお互い順調に回して殴り合いに。「MライボルトEX」を「ゾロアーク」の『マインドジャック』と「ビークイン」の『ビーリベンジ』で倒したところでやはりお相手ソウルリンクはもうないようで少し楽になる。サイド2対2になったところでこちら「パラレルシティ」で「シェイミEX」を逃す。間に合ってよかった…。そのままお相手サイドが2枚のまま山札が1枚に。山札切れで勝ち。こちらも「ダブル無色エネルギー」は枯れていたため辛勝。とてもいい試合でした。試合後に、
お相手「バトルサーチャー入ってないんですよ〜、オーロット警戒で〜」
僕「いやキャッチャーめっちゃ撃ったやん!!」


プレミアステージ2戦目
お相手中学生らしいちっちゃな男の子。女子供には逆に燃え上がる僕。頑張ります。こちらのマリガン1回の後(またかよ…)、お相手先行で試合スタート。対戦よろしくお願いします。お相手スタートは「シェイミEX」。よしよし。バトル場に「ボクレー」と「シェイミEX」を出される。ターンエンド。こちらのターン。ベンチに進化前を並べ、次のターン「ゾロアーク」に進化して殴れる状況を作りターンエンド。その後お相手がベンチで「オーロット」に進化した返しのターンに「フラダリ」宣言。「オーロット」の技『ウッドスラム』こちらの「ゾロアークBREAK」の技『イカサマ』でパクって弱点を突き「オーロット」を倒す。こちらは負け筋を潰すプレイングにスイッチ。お相手ベンチで準備をしつつ「シェイミEX」の『スカイリターン』連打。お相手のベンチが3体以上並ばないためこちらの『マインドジャック』のダメージが上がらない。「ゾロアークBREAK」にダメージが溜まってきた辺りでこちらシビレを切らし技『イカサマ』で『スカイリターン』。何だコレ…。育てた「ゾロアークBREAK」を手札に(一応後ろに「ゾロアーク」立てているけれども)。余りに慣れない状況にお相手のターン中に、『スカイリターン』が正しかったのかの振り返りと次のターンのことを考えていて、お相手の宣言をはいはいで聞き流していると、
お相手「ハイパーボールで」
僕「はい(手札を見ながら考え)」
お相手「N撃ちます」
僕「はい(手札を見ながら考え)」
お相手「N撃ちます!!!(半ギレ)」
僕「あ、はい!ごめんね!(手札をすべて山札にもどし、山札を切る。その後、自分のサイドの残り枚数ぶん、山札を引く)」
怒られました。その後再び「フラダリ」オーロットBREAK呼び出しを決め『イカサマ』ウッドスラム連打で「オーロット」を潰す。程なく勝利。あと1勝!!頑張るぞ!!


プレミアステージ3戦目
そうだ今日はアイツをやれ
袋叩きにして痛めつけてやれ
どうだ平和 僕のおかげ
君たちは僕らのテリトリーなんです
f:id:yukkyrinrinrin:20160530183027j:image
行進相手にこちらの後攻1ターン目で投了しました。終わり。


【レシピ】




すごいつりざお 1
ウンマップ 1
ハイパーボール 4
バトルコンプレッサー 2
バトルサーチャー 4
びっくりメガホン 1
ちからのはちまき 2
かるいし 1

グッズ 17


N 2
センパイとコウハイ 1
フラダリ 2
オカルトマニア 1

サポート 12


パラレルシティ 2
巨大植物の森 1

スタジアム 3


ダブル無色エネルギー 4
基本悪エネルギー 4

エネルギー 8


【個別解説】
まだ錬れるので次回(あれば)。


サブイベント編に続く。

【ポケモンカード】【日記】カメックスメガバトル福岡大会〜ファーストセカンドステージ編〜

5/29(日)に福岡で行われたカメックスメガバトルに参加してきました!最初から最後までいたのでいくつかにわけて書こうと思います。


ファースト・セカンドステージの使用デッキはこちら↓
f:id:yukkyrinrinrin:20160529231811j:image

グッズロック→ダメカンばらまき→ゼンフォース連打が強いこのデッキ。クライマックスステージ進出は先着順ということでスピード勝負を仕掛けられるデッキで挑みました。


【レシピ】



すごいつりざお 1
トレーナーズポスト 4
ハイパーボール 4
バトルコンプレッサー 2
バトルサーチャー 4
フーディンソウルリンク 3

グッズ 18


N 2
ミツル 4
フラダリ 2
AZ 1

サポート 13


次元の谷 3

スタジアム 3


ミステリーエネルギー 4
基本超エネルギー 4

エネルギー 8


【個別解説】

技『サイレントフィアー』でダメカンをばらまいて「MフーディンEX」につなぐ。HPが増える。スペースの関係上2枚。

特性〔もりののろい〕でバトル場にいる間は相手はグッズが使えない!すごい!進化方法が「ミツル」、「ボクレー」の技『かくせい』である場合が多いため、サイド落ち、手札にかかえる等による事故を減らすため3枚。

技『かくせい』により後攻なら1ターン目からでも進化可能。スタジアム「次元の谷」があればなんとエネルギーなしでも使える。スタートのバトル場にいて欲しいので4枚。

技「ゼンフォース」によるダメカンが乗っている相手へのダメージは絶大。2体立てるために3枚。

特性〔スプーンまげ〕によりダメカンばらまきを加速。技『サブプレッション』で進化後の圧をかけることもできる。2体立てるために3枚。

特性〔バンデットリング〕の効果で「ハイパーボール」1個でも「フーディンEX」と「シェイミEX」を呼び出すことができる。スペースの関係上1枚。

特性〔セットアップ〕によるドローソース。「プラターヌ博士」や「N」以外のサポートを撃つときにも手札を補充することができる。2枚で充分1枚では足りない3枚持ってない。

すごいつりざお
序盤の「プラターヌ博士」や「ハイパーボール」でトラッシュした進化先や基本エネルギー、中盤以降の立て直しに。1枚で充分と感じた。

トレーナーズポスト
4枚必須だが4枚じゃ足りない!といったカードへのアクセスを増やす。序盤から終盤にかけて柔軟性を高めるため4枚。

ハイパーボール
万能サーチカード。序盤は「フーパEX」や「シェイミEX」などを。中盤以降は進化先などを。4枚必須。

バトルコンプレッサー
序盤に「ミツル」をトラッシュして「バトルサーチャー」で回収したり、中盤以降いらなくなった「ミツル」などをトラッシュしたりする。序盤と中盤以降2度欲しいので2枚。

バトルサーチャー
「バトルコンプレッサー」と組み合わせる序盤や、「フラダリ」や「N」を呼び出せる中盤以降と、試合を通して何度も欲しいので4枚。

フーディンソウルリンク
スペースの関係上3枚。

優秀なドロサポ。落としたくないカードが多いが、事故率を極端に下げる。4枚。

N
序盤に落としたくないカードが手札に多く握ってしまったときや、相手の次のターンの行動がわかっているときなどに撃つ。試合が長期戦になった場合に事故を狙う。3枚欲しいが2枚。

ミツル
1ターン目からグッズロックをかけることができる優秀なサポート。中盤以降腐るので「バトルコンプレッサー」で落とす。1ターン目ロック率を限りなく上げるため4枚。

フラダリ
試合を決定づけるサポート。ミラーを意識しての2枚。

AZ
HPが減ったり逃げられなかったり狙われたりするポケモンを回収する。「MフーディンEX」に使って別の「フーディンEX」の〔スプーンまげ〕を発動させたり「シェイミEX」に使って〔セットアップ〕で手札補充したりする。スペースの関係上1枚。

次元の谷
ボクレー」「オーロット」「オーロットBREAK」「フーディンEX」「MフーディンEX」全ての技に対応。スペース関係上3枚だが、4枚入れたい相手は「うねりの大海」との張り替えあいになりそもそもがキツイ。

ミステリーエネルギー
「MフーディンEX」「フーディンEX」「フーパEX」の逃げエネを0にする。
4枚入れているが、特殊エネメタに弱くなるので基本超エネルギーと相談。

基本超エネルギー
4枚。これ以上減らせない。

その他の選択肢
「ツールストリップ」や「スーパーポケモン回収」など欲しいカードは無限に出てくるが全てスペースの関係上(僕では)無理になり、そもそもデッキコンセプトから変わる。


【対戦ログ】
ファーストステージ1戦目
遠征勢のお父さん。卓についてからの待ち時間があったため少々の雑談を繰り返し交友を深めるも、お相手のデッキタイプは闘。しかもスタートがこちら「ボクレー」に対しお相手「レジロックEX」。先行を譲るも「レジロックEX」を逃すことが出来ず、こちらの後攻グッズロックが決まり数ターン後投了。勝ち。

セカンドステージ1戦目
お相手は何と17歳の女の子!!アド!!とか思ってたら自分のデッキ置くとこにブラッキーの人形を置いて邪魔。でもかわいいから許すの。お相手のスタートは何と「バチュル」!!「いや行進かーいwww」と心の中で叫んで、まあそりゃそうか、セカンドまで来てるんだしね。かわいいから許すの。とか思ってたらこちらのスタートはピン刺しのフーパEX」!!!ホンマ許さんからなお前かわいいからって調子乗んなよ。せっかく先行取ったのにロックをかけられずしぶしぶ返します。お相手こちらの「ボクレー」を見て焦ったのか「バトルコンプレッサー」で「ランプラー」はおろか「バチュル」まで落とす落とす。何と後攻1ターン目で140ダメージ!!これを「フーパEX」しっかりと耐えてこちらのターン。1ターン目でロックはかけられなかったもののしっかりと準備はしてますよ。手札からベンチの「ボクレー」を「オーロット」に進化。「バトルコンプレッサー」「バトルサーチャー」のコンボで「ミツル」を使って2ターン目オーロットBREAK完成!「ミステリーエネルギー」を「フーパEX」に貼って逃げます。ここで技『サイレントフィアー』!!ベンチの「バチュル」もろとも倒してサイド2枚一気取り!!同時にグッズロックもしてますよ〜。その後「ヒンバス」を倒してサイドを取るもバトル場とベンチに1体「バケッチャ」を計2体並べられ、釣られて「MフーディンEX」を前に出した瞬間に「フウロ」を使われ「時のパズル」の完成を許し「ダブル無色エネルギー」を回収させてしまう。ここでかわいい女の子をいじめたくなるというS心発動!渾身の「N」!!!相手は「ダブル無色エネルギー」を山札の中へ。相手は手札は3枚に。トップと合わせて4枚(実はとても怪しい。ニコタマ引かれら負け。フーパスタートもあって完全に焦った)。お相手「ダブル無色エネルギー」を引くことが出来ず勝ち。でもかわいいから許すの。時間はまだあるよ!次も頑張ってね!

セカンドステージ2戦目
お相手イベルタルイベルタル。対戦内容は男の人だったからよく覚えてない。お互い対イベルタルイベルタル、対オーロットフーディンの立ち回りをしていい試合でした。最後に「フーディンソウルリンク」引くかどうかって場面で素引き。勝ち。


〜プレミアステージ編に続く〜

【雑記】飲み会のマナーについて

サークルの新歓や、部内戦の二次会で「やっぱり新入生は知らないんだな〜」と思ったので僕が気を付けて欲しいなあというものをとりあえずいくつか挙げておきます。


・ビールを注ぐ
なんで僕が注いでるんだ。ってなりました。未成年でも出来ることです。積極的に注いで回りましょう。注ぐときはラベルを上向きにすることもポイントですね。そもそもビールを瓶で持ってくるお店が少なくなってるのも多少影響してるのでしょうね。

・上座下座、幹事席について
席取りについてです。交流を目的とした二次会などではあまり重視されることではないのでしょうが知っておくべきことなので挙げておきます。これに関しては新入生ではなく上回生が先に席取りしてくれたことで特に問題はなかったように感じました。よくわからないという人はググりましょう。

・乾杯の前に飲み食い
やってる人がいてびっくりしました。注意するのも馬鹿馬鹿しいです。酒の席とか関係なく待つのは常識です。

・目上の人と乾杯する時
「ウェーイwww」じゃあないんだよ。目上の人と乾杯する時はグラスにキチンと両手を添え、下からグラスを持っていきましょう。


あんまり思いつきませんでした。きゅーぽけは基本的にゆるいサークルなので、これまで飲み会・食事会のマナーについて指導を行ってきたりはしていませんでしたが、そういったものは誰かに教えて貰わないと知る機会がないので、きゅーぽけに入ったことを機に覚えてくれればなあと思います。そうでないと社会に出た時に恥ずかしい思いをしてしまいますよね?これらは決してゴマすりなどではなく、常識・マナーの範囲ですので、軽んじることのないようにしましょう。

【単体考察】ヤチェガブリアス調整案

f:id:yukkyrinrinrin:20160510153817j:image
僕が以前対面厨パに組み込んでいたヤチェガブリアスの調整です。Aを削ってBに多めに割いています。

ガブリアス@ヤチェのみ 〔さめはだ〕
性格:ようき
能力値:183-165-133-**-105-169
努力値:0-116-140-**-0-252
げきりん じしん がんせきふうじ つるぎのまい


・採用理由
恵まれた種族値と技、環境やパーティに合わせて自由に持ち物を変えられることから、そのタイマン性能と汎用性の高さにより、対面構築だけでなく多くの構築に組み込まれやすいガブリアス。今回は『ヤチェのみ』を持たせて耐久調整を行い、対面厨パで崩し役を担ってもらうための採用となりました。


・技構成
げきりん:ヘラクロスランドロスクレセリアなどを殴るために必要。

じしん:鋼タイプやスイクンなどの『ゴツゴツメット』持ちを殴るために必要。

がんせきふうじ:後続のサポートや自身の「つるぎのまい」の隙を作るために採用。ロトム等の低速「おにび」をかわすことができる「みがわり」と選択。

つるぎのまい:物理受けを崩す際や、〔いかく〕持ちや、「やどりぎのたね」持ちなどによるサイクルを回される際に必要。


・持ち物
きあいのタスキ』を持たずに、行動回数を確保するための手段として、4倍弱点であるところの氷技を耐えることができる『ヤチェのみ』を選択。『きあいのタスキ』と異なり、HPが1しか残らない訳ではないので、『ゴツゴツメット』によるスリップダメージや、先制技を耐えられるようになるところもポイント。


努力値配分
すばやさ:激戦区であるところの100族を確実に抜ける、最メジャーであるため頻繁に起こりやすいガブリアス対面で同速対決を仕掛けられる等の理由から最速。

耐久:A特化メガガルーラの「ひみつのちから」+「ふいうち」確定耐え。
メガガルーラのようきA252「れいとうパンチ」確定耐え。
A特化『こだわりハチマキ』ナットレイの「ジャイロボール」確定耐え。
A2段階上昇A特化メガクチートの「ふいうち」最高乱数以外耐え。
A特化『こだわりハチマキ』ハッサムの「バレットパンチ」2発確定耐え。
A6段階上昇A特化持ち物無し〔ちからもち〕マリルリの「アクアジェット」確定耐え。
A6段階上昇A特化持ち物無しギルガルドの「かげうち」確定耐え。
持ち物無しおくびょうC252振りゲッコウガの「れいとうビーム」確定耐え。
持ち物無しおくびょうA4振りC140振りゲッコウガ(信用可能ゲッコウガ)の「れいとうビーム」+「かげうち」確定耐え。

火力:余り。
A2段階上昇後「げきりん」でH4振りメガガルーラ確定1発。
A2段階上昇後「げきりん」でHB特化クレセリア確定2発。
A2段階上昇後「じしん」でずぶといH252B196振りスイクン(「こごえるかぜ」1回で最速ガブリアス抜き調整スイクン)確定2発。
A2段階上昇後「じしん」でわんぱくH252B124振りカバルドン(C100振りメガガルーラの「れいとうビーム」確定2発耐えカバルドン)確定2発。
A2段階上昇後「がんせきふうじ」でHB特化サンダーを確定2発。
A2段階上昇後「じしん」でHB特化ナットレイを確定2発。


スカーフや鉢巻、タスキなどよりも柔軟にガブリアスを使いたい人にオススメです。崩し性能が抜群なのでぜひ試してください。

【シングル】カバルカカイリューEX〜選出・立ち回り編〜

前回は構築についてでしたが、やはり720^6に加えて持ち物・技・努力値振りによる無限の改変が行える現環境において、選出・立ち回りも気になる人も多いのではないでしょうか?

ということで、普段は書かないのですが、続記事を書いてみます!!

【VSガルガブゲンボルトバシャスイクン
いわゆる対面厨パ。1匹1匹の対面性能が高いだけでなく、型が豊富で好みのカスタマイズ行えるためとても流行っています。この相手への選出はこちら↓

お相手の先発として考えられるのが、ガルーラガブリアスボルトロススイクン、ゲンガーでしょう。
ガルーラの場合はこちらの先発ルカリオへ同速を仕掛けてくる最速でしょう。無邪気冷凍ビーム持ちまで考えられます。ゲッコウガと対面した場合、おそらくねこだましか、カバルドン引き1点読みの冷凍ビームを撃ってきます。どちらもカバルドンは2耐えするので、カバルドンへバックして展開します。ここまででは正直裏が全く読めないので、数回あくびなまける隙を見てステロを繰り返し、カバルドンが退場するタイミングでカイリューで舞いましょう。
ガブリアスの場合、タスキヤチェステロ展開の裏バシャ(おそらくバトン)、スイクン(おそらく瞑想持ち)ですので、ゲッコウガ居座り冷凍ビームから入りましょう。意地スカーフガブリアスげきりんは耐えるので、ガブリアス突破orタスキ耐えです。タスキ、ヤチェの場合、ガブリアスは岩石封じでしょうから、次のターンカバルドンへ引いて展開します。
ボルトロスの場合、おそらく電磁波から入ってくるのでクラボを盾に冷凍ビームを撃ちましょう。おそらく耐えられますが、次のターンも居座って冷凍ビームを撃ちましょう。電磁波をカバルドンで受けることは可能ですが、初手で出てくるボルトロスはちょうはつかくさむすびを持っていることが多く、カバルドン展開が厳しいことが多いです。次に相手が繰り出すポケモンを見てから展開を考えましょう。
スイクンの場合、メインウェポンでカバルドンに有効打を持っていることで安定な入りのように見えますが、こちらの先発ジャローダゲッコウガへの崩しとしてミラーコート持ちが多い印象なので、ゲッコウガ居座りあくのはどうから入りましょう。スイクンの技を見て今後の展開を考えます。
ゲンガーの場合、カバルドン展開阻止のちょうはつorみがわり持ちか、最強技であるところの催眠術が考えられます。ゲッコウガ居座りあくのはどうでいいでしょう。C振りメガゲンガーのヘドロ爆弾なら確定耐えです。なぜか持ち物がクラボの実なので、毒を引いたり、催眠術で眠ったりしてしまいますが、あくのはどうは怯むのでマア…ゲッコウガが生存したらかげうちで処理。後続を見て今後の展開を考えましょう。
ここまで書いて来ましたが、やはり型が豊富なのも相まって、先発、初手の行動で上記の崩し・展開を行っても負けることはあります。さすがトップメタといったところでしょうか…

【VSファイアロー入り】
バトンの流行によるバシャーモの増加に連れて採用が増えるであろう1匹。カバルドンがツライちょうはつ持ちや、ルカリオゲッコウガ、舞った後でもげきりんでこだわってしまったカイリューがツライ鉢巻、珠などのアタッカーが考えられます。ジャローダに至っては論外です。また、一概にファイアロー入りと言ってもこいつをメインに据える構築は少なく、ファイアローを処理した後もメガ枠へのケアを考えなければなりません。そこでの選出はこちら↓
【確定】カババンギ【残り】相手次第【先発】相手次第
前述の通り、こちらはファイアロー選出が腐ることのない構築ですので、ほぼ確実に出てきます。そこでカバルドンバンギラスでガンメタを張りましょう。カバルドンはステロを巻くことを優先に、バンギラスはアローへ後投げすることを優先に考えます。HDアローの場合、カバルドンへ後投げされるので、そのタイミングでステロを撒きましょう。次にお相手が撃ってくる技ですが、ちょうはつ、おにびが考えられます。こちらはバンギラスに交代する訳ですが、ちょうはつの場合、バンギラスはやけどにならないので、次のターン鉢巻ストーンエッジが誰かを貫きます。おにびの場合、ファイアローは満足して交代するので鉢巻おいうちをファイアローに決めます。やけど状態でも半分前後入るので、砂ダメ数回も合わせてステロ圏内に入るのでファイアローは死にます。その後はこちらの裏のエースが動きやすい展開になると思うので頑張りましょう。

【VSクチート軸】
クチート軸にはいくつかの形があり、①クチート軸対面構築、②トリックルームギミック、③雨パの裏、などが多数を占めているのではないでしょうか。メガクチートルカリオきあいだまでステロ込み確定なので、ルカリオの選出はほぼ確定でしょう。①対面構築ですが、ロトムボルトロスなどの地面を透かしつつ、S操作やその他のサポートが出来る電気タイプが多いように感じます。②トリルや③雨にはジャローダが刺さりやすく、またどのパーティにもごく自然な形でガブリアスが採用されるので、ルカリオへの地面技の引き先としてもジャローダは選出が優先されることが多いです。残りは自由選択ですが、カバルドンバンギラスがクッションとして優秀なのでどちらかが優先されるでしょう。①対面構築には先発読みが非常に重視され、②トリルにはトリル役の処理、③雨には選出択の先のボルトロスガブリアスの処理までが重視されます。お相手次第ですが、先にクチートを処理されるようなことはさせてくれないので、逆にその動き方を狩って、クチートを残してこちらルカリオで狩るみたいな動きが理想となります。

【VSメガボーマンダ入り】
メガマンダ入りは①積み、②サイクル、③バンドリマンダが多いです。
①積みで気にすべきはお相手の起点作り役です。ほとんどがこちらのゲッコウガジャローダに崩されるのでどちらかの先発、選出は確定となるでしょう。また、お相手にゲッコウガが入ってることが多く、そのほとんどが先発で出てきます。こちらのカバルドン展開を阻止出来るからでしょう。それが読める場合、こちらジャローダ先発で冷凍ビーム願望ミラーコートを押します。あくのはどうを撃たれたら負けです(それくらいこちらもゲッコウガがツライです)。初手ボーマンダは少なく感じますが、もし来たらへびにらみ、ウルガモスなどから来たらちょうはつミラーコートちょうのまい攻撃技の択に勝ちましょう。起点作りポケが来たら展開阻止を優先で、こちらの展開まで作れると理想です。こちらは裏カバルドン+エースという形になるでしょう。
②サイクルですが、こちらのバンギラスカバルドンが刺さることが多いです。こちらのカバルドンに強いナットレイロトムが先発が多いので、ほのおのパンチかストーンエッジで崩しましょう。障害を取り除いた後のカバルドンで詰められると勝ちです。
③バンドリマンダですが、バンドリがルカリオゲロ重なので、裏を優先して考えましょう。キノガッサマリルリ入りが多いのでそちらのケアの方が重要です。ゲッコウガジャローダで上手に崩しましょう。

【VSヘラクロス入り】
実はヘラクロスローブシンキノガッサといった、中耐久やタスキを盾に殴ってくる格闘タイプはとてもキツイです。ヘラクロスに関しては、ルカリオ対面で5億パーセントインファイトを撃ってくるのでみがわりで耐久を下げて戦う戦法と、バンギラスがS勝ってる願望エッジぶっぱ戦法がありますが、どちらも不安定です。さらに裏のクレセリアも重たく、みかづきの舞で自殺してもらうしか突破方法がない選出をすることもあります。だいたい思惑通り自殺するのですが、ヘラクロスが再臨します。頑張ってください。

【VSリザードン入り】
とてもツライです。どちらかわからないのがとてもツライ。片方を切った立ち回りも多少は必要なのではないでしょうか。リザードン検定の方法として、僕は電気の通りを見てるのですが、成功率が低く、だからといって先発リザに安定した立ち回りも出来ないので先発ジャロ、裏カババンギといった選出で、とても苦しい立ち回りが求められます。

【VS雨】
ジャローダの選出はほぼ確定、残りで裏を見るといった選出になります。クチート入りに関しては前述の通り多少切った選出も必要になるでしょう。

【VS砂】
ルカリオがバンドリ、ジャローダがカバドリにガン刺さりなので、裏選出、メガ枠をメタッた選出に気を使いましょう。表を多少切った選出をするとイージーウィンまで狙えますが、それで負けるととても悔しいのであまりオススメしません。

【VS受けループ】
純正については、鉢巻かみくだく+ちょうはつジャローダです。後1匹は何でも良さそうです。ほぼ選出されませんが、エアームドグライオンを流せるゲッコウガ辺りでしょうか。

【VSバトンパ】
エーフィが邪魔ですが、それ以外にはカバルドンで展開阻止、こちらが展開出来ます。エーフィはこちらのルカカイリューバンギゲッコウジャロどれもツライと思うので、切った動きをしてもいいかもしれません。重いのは筋肉バンドリなどでしょうか。前述の通り、バンドリはルカリオがキツイので十中八九メガバシャ→ポイヒガッサ、てんねんピクシーに繋いで来ます。ちょうはつジャロで展開し、ルカカイリューで頑張りましょう。

以上が現環境で多く見られるパーティですかね。他に気になる対策必須パーティがいたらブログにコメントか、Twitterにリプをくだされば追記したいと思います。