催眠外しは初期SEEDが悪い

僕ゆきだよ~(^o^)

【単体考察】かえんだまガルーラ

ちょっとしか使ってないけど余りにも強すぎたので書き記すとともに調整案を募集します。

 

 

 

ガルーラ@かえんだま〔きもったま〕

性格:いじっぱり

能力値:191-161-101-×102-130

努力値:84-252-4-×-12-156

ねこだまし からげんき なげつける どろぼう

 

・採用理由

火力の低下、バンク解禁前は『グロウパンチ』や、『ひみつのちから』、その他役割破壊技が使えないことにより弱体化された「メガガルーラ」。僕は「メガゲンガー」と共存したパーティを使っていたのだが、やはり「メガガルーラ」としての選出が少なくなり、6世代のように2メガ選出も出来なくなってしまった。そこで非メガ「ガルーラ」を考察するに当たった。メガシンカせずとも高い火力を発揮できる『からげんき』を採用し、その他の技で崩しを担うことが狙いである。特性の〔きもったま〕が残るのも良ポイント。「ゲンガー」への遂行も楽になる。今回は定数ダメージが16分の1に減少したやけどを発動させる〈かえんだま〉を持たせて運用してみた。

 

・技構成

ねこだまし:かえんだまを無償で発動させるために必要。やけど前なら火力もそこそこで、「ミミッキュ」の〔ばけのかわ〕も剥がすことが出来る。

からげんき:状態異常下で威力140。これはA特化すると、A182「ガブリアス」の『げきりん』の指数を超える。

なげつける:相手の物理アタッカーや、耐久型に向かって使用する。後述の「どろぼう」のためにも必要。

どろぼう:『なげつける』を使用した後、相手の「ガブリアス」の〈こだわりスカーフ〉や、耐久型のポケモンの〈しんかのきせき〉、〈たべのこし〉や〈ゴツゴツメット〉などを奪う。余裕があれば、是非『ほしがる』を覚えさせてほしい。

 

・持ち物について

同様の動きをするならば、〈どくどくだま〉でも可能ではあるが、私個人としては〈かえんだま〉を推奨したい。これは『なげつける』を想定した話だが、「テッカグヤ」に効く、物理アタッカーの火力低下を重視するためである。先にも挙げたが、定数ダメージが16分の1に低下したことも、居座る動きが主になってくるこの型では良い点である。また、基本的に撃つ技が『からげんき』だけなため、その他の技の火力を気にしていないというのもある。「ギルガルド」などのために『じしん』を搭載するならば、〈どくどくだま〉を選択すべき。

 

努力値配分

これはプロトタイプと思っているため、是非この記事を読んでいる方々に改良案を考えて欲しい。以下決定順に紹介。

物理攻撃:特化した。これは、まずH振り「メガゲンガー」への、通常『ねこだまし』+やけど『からげんき』で突破できる確率を少しでもあげるためである。その他必要と思ったラインは、HB『ポリゴン2』に対し、〈しんかのきせき〉を奪った後に押し切ることが出来る火力である。

HP:16n-1。やけどの定数ダメージを減らすための調整。必要かと言われれば怪しい。

BD:ダウンロード対策にB<D。これは役割対象に「ポリゴン2」が入っているため必要かと思われる。

すばやさ:実数値130。少なくとも最速「テッカグヤ」は抜いておきたい(実数値124)。

 

 

 

6世代のころから非メガガルーラの考察は一部で盛んであったが、他のメガシンカポケモンが"メガシンカ後のすばやさがメガシンカしたターンにも反映される"という強化を受ける反面、モロに弱体化された「メガガルーラ」を非メガでも活躍させることが出来るよう、もう一度考察の機会が与えられてもいいのではないだろうか。

 

 

 

筆者 ゆきEX(Twitter ID:☆ban_gabu)

【単体考察】7世代における催眠ゲンガーについて

友人から催眠ゲンガーの使用感について聞かれ、よい考察機会になったので書き記します。僕は6世代、7世代どちらも使っていたので仕様変更点を挙げながら解説します。

 

【技について】

・さいみんじゅつ:〔エレキメイカー〕、〔ミストメイカー〕の登場により弱体化。幸い両者ともタイプ相性上有利なので迅速な処理は可能。『みがわり』でターン稼ぎなどで解決。「ネッコアラ」はほとんど見なかったが、霊無効、ふいうち持ちなので相手にしたくない。こちらはメガ枠を消費しているのでなおさらである。

・たたりめ、シャドーボール:両者とも仕様変更はなし。バンク解禁前の環境では、ノーマルタイプ、あくタイプともに数が限られたために非常に通りがよかった。

ヘドロばくだん:サブウェポン候補。フェアリーの増加により遂行技としての一面がより強くなった。

きあいだま:抜群範囲を広げる際に。フィールド下、命中等で「ルカリオ」の迅速な処理をする場合に有用。その他には相手に行動回数を稼がれるので「さいみんじゅつ」でよい。

・みちづれ:"連続で使用すると失敗"という仕様変更。弱体化といえば弱体化に思われるが、相手からすれば"みちづれがあったら負け"の状況がなくなり、こちらが『みちづれ』を押せる場面での無駄行動が意味のあるものに。そのため諦めて「ゲンガー」を殺すのではなく、1ターン消費するという動きをする人も感覚的だが増加。「ゲンガー」を使っている側からすればプレイングや読みに難が生じるものの、強化かもしれない。

・みがわり:みちづれの一般的、相対的弱体化、フィールドのターン稼ぎ、後述の特性により、採用価値は上がったかと思われる。主に寝ている相手の前で貼り行動回数を増やすために使用。その他、メガ前なら交換読み、前のポケモンが残した『でんじは』の麻痺バグ待ちなどにも使える。抜きエースとして使用するなら崩しとしての『みちづれ』ではなくこちら。6世代では『ふいうち』透かしにも使えたが、弱体化の影響か、少なくともバンク解禁前の今作では(ガルーラにすら)撃たれることはなかった。

 

【特性について】

7世代から〔のろわれボディ〕に。そのため6世代までの〔ふゆう〕とは違いじめんタイプの技が当たるようになってしまった。一般的には弱体化とされているが、プラスに考えるならば"じめん技読みがしやすくなった"、"110属以下の前ではあえてメガシンカしないことでスカーフだった場合3割でわるあがき状態に変えることができる"などが挙げられる。一つ目の"じめん技読み"に関しては、例えば耐久調整の面で"メガ後ガブリアスの意地げきりん耐え調整"が要らなくなったことや、後続のじめん半減、無効ポケモンへの交代がしやすくなったことが使用側としてはプラスと言えよう。二つ目の"スカーフ持ち"に対しては確率が絡む上、交代された場合、交代先への〔かげふみ〕が適用されないなど、プレイング難易度にもよるため、ここで解説を受けるのではなく、実際に使ってみて使用感で判断してほしい。裏に積みポケモンをおいておくことなどで簡単に実感できるだろう。特に警戒すべきスカーフ持ちが「ガブリアス」や「カプ・テテフ」などなので、読み間違えれば崩され兼ねないポケモンであるため、私はほとんど居座って『みがわり』等を置いている。以上のように、今回の特性の変更は私個人では強化とすら考えている。特に弱体化されたと感じるのは「ポリゴン2」に〔トレース〕されたときくらいである(本っっっっっ当にウザいので注意が必要)。

 

【持ち物について】

・ゲンガナイト:メガシンカするために必要。"メガシンカ後のすばやさがメガシンカしたターンにも適用される"こと仕様変更により、一層強力なものになった。バンク解禁前にはいなかったが、「ゲッコウガ」、個体数は少なかったが、「マニューラ」、「ジャローダ」等のS110〜130の間のポケモンを見ても気にすることがなくなった。相手のメガシンカも同じであるが、「メガゲンガー」より速いメガシンカポケモンは「メガプテラ」くらいで、6世代では先にメガシンカされてはいけなかった「メガボーマンダ」、「メガルカリオ」、相手の「メガゲンガー」などへの試合を通してのプレイング難がなくなり、純粋に強化と言えよう。その代わり、"下から催眠→上からみがわり→たたりめ処理"などは、耐久値が上がらず、〔かげふみ〕も適用されないなどの理由により難しくなったが、そもそもする相手が「メガルカリオ」くらいで、『じしん』持ちが増えた以上する機会も減ったため気にすることもないだろう。

きあいのタスキ:私は使用していないため机上論しか挙げられないが、環境に数見る「ミミッキュ」と、それらに対する、先制技・連続技持ち、「メガガルーラ」の『じしん』が当たるようになってしまった、「キュウコン」のあられ、こちらの「ゲンガー」と共存しがちなポケモンもタスキ持ちの警戒がされやすいため『ステルスロック』を撒かれやすい、などの理由により、単体考察段階、構築案段階で想像していたより行動回数の保証に繋がらないのではないかと思われる。また、メガシンカの強化によりそちらをより優先したいものである。

 

【環境の変化について】

・新ポケモン

ミミッキュ:基本的にツライ。〔ばけのかわ〕により行動保証がされ、先制技・積み技持ちなので、相手は『みちづれ』も考慮した行動が出来るため、こちらはさいみんをぶち込むか、〔ばけのかわ〕だけでも剥がすか、おとなしく交代するかしかない(私はミミッキュに後出しが安定するポケモンなどいないと思っている)。そのためせめてでも先発対面だけでも避けるようにしたいものである。

カプ系:ブルルはスカーフしねん以外なら簡単に突破できる上、グラスフィールドで回復、じしん半減の恩恵を受けることができる。レヒレはミストフィールドは貼られるものの、基本的に『ヘドロばくだん』で処理可能。コケコはこちらが耐久に振ってもでんきZを耐えず、振ってないなら珠やメガネでも倒される。しかし全て同速であり、相手も同じ条件である。タスキならお互いに一撃耐えるがこちらにはどくもあるため確率有利。面倒くさいのがスカーフボルチェンや素引きでエレキフィールドだけ残して鋼に逃げる弱虫である。しっかり後続と相談した立ち回りをしましょう。そして1番キツイのがテテフである。スカーフなら何もできず倒され、こちらのCぶっぱヘドばくを耐える耐久調整もある。引き先を用意できれば良いが、読みが面倒な時は非メガ催眠を押しましょう。すべてが解決します。

ウルトラビースト達:基本的には催眠耐性のないポケモンばかりなのでスカーフにだけ注意してわからせましょう。「テッカグヤ」はフィールドの恩恵を受けられず、「カミツルギ」にいたってはチョッキやD振りでなければ『たたりめ』で確殺です。

 

・Z技

今作からの新要素で非常に強力です。パーティに1〜2体は持っているでしょう。しかし、これを持っているということはスカーフではないということなので撃たれる前に眠らせて殺しましょう。

 

・その他仕様変更

まひのすばやさダウンが2分の1:これにより「ポリゴン2」に『ほうでん』麻痺を引いても上を取ることができます。

やけどの定数ダメージが16分の1:これにより「ドヒドイデ」などの耐久みずへの後出しがより気楽になりました。

 

・その他6世代と変わったと思うところ

これはバンク解禁前の環境ですが、〈ラムのみ〉を持ったポケモンが非常に少ないと感じました。フィールドの登場や、各種状態異常の弱体化により、状態異常技の優先度が下がったことによるものでしょう。「ボルトロス」や「カバルドン」などの不参加も影響しているはずです。バンク解禁後の環境がどうなるか気になるものです。

 

以上が私が感じた催眠ゲンガーの使用感です。その他気になるところがあったり、質問を受けたりしたら随時追記していきます。それではみなさん、よいポケモンライフを。おやすみなさい。

【単体考察】無補正オニゴーリ草案

みなさんアローラ!お久しぶりです〜

まもなくバンク解禁でわくわくしている人も多いでしょう!

僕は解禁前のシーズン2序盤でオニゴーリ入りで少し潜りました。ORASのボルトゴーリかのようにコケコゴーリをやってしました。僕が使ったのはむじゃき両刀ですが、使用感からもっとよい調整があると思ったのでここに書き記します。

 

 

 

オニゴーリ@食べ残し〔ムラっけ〕

性格:がんばりや

能力値:163-110-111-108-100-129

努力値:60-76-84-60-0-228

まもる みがわり フリーズドライ じしん

 

・採用理由

サイクルパーティを一匹で壊滅することの出来るポテンシャルを持つだけでなく、どの能力が上がるのか?回避が上がって技を避けるのか?『フリーズドライ』で凍らせるのか?相手は『まもる』読みで積んでくるのか?それならば『みがわり』を貼ろうか?などと、ポケットモンスターシングルバトルの全要素を詰め込んだかのような一匹。今作でも使用出来るのが嬉しく、採用しました。

 

・技構成

まもる:能力を上げるため、回復のために必要。

みがわり:能力を上げるために必要。

フリーズドライ:「アシレーヌ」や「カプ・レヒレ」、「ギャラドス」、「パルシェン」に撃つために必要。

じしん:「ジバコイル」や「ギルガルド」、「ルカリオ」、「メタグロス」等の鋼、「ゲンガー」、「ガラガラ」等の迅速な処理が必要なポケモンに刺す。

 

・持ち物

『みがわり』を複数回使用し、かつ『まもる』と合わせたときのプレッシャーも良いため食べ残し。

 

努力値配分

性格:一般的には無補正よりかは、1番低い実数値にマイナス補正をかけ、1番高い実数値にプラス補正をかける。というのが有名だが、6点振りになる。種族値が低い(?)などの理由から、むじゃきよりは有用なため無補正。

HP:16n+3。従来のオニゴーリは177、161の16n+1が多かったが、今回は耐久・火力に着目した際の努力値配分がギリギリなため、みがわり残飯効率の最妥協点。

物理耐久:意地「ガブリアス」のじしん耐え後『みがわり』確定貼れ。これは起点作成役が「ボルトロス」から「カプ・コケコ」に変わったことにより、〈こだわりスカーフ〉持ち「ガブリアス」のこだわる技が『げきりん』から『じしん』に変わったため、振る意義がある。

特殊耐久:非サイコフィールド下でひかえめ「カプ・テテフ」の『サイコキネシス』耐え後『みがわり』貼れ。これは僕がよくする選出のコケコゴーリゲンガーがスカーフテテフで全抜きされてしまうため欲しくなった耐久ライン。タスキが削れたコケコに後出しテテフをされた際は、まずゲンガーを切る(のろわれチャンスをする)。その後、コケコでフィールドを張り替え、でんじはを連打する。スカーフだった場合、コケコが上から殴られるが、オニゴーリがみがわりを貼れるという寸法である。

物理攻撃:『じしん』でH振り「メガゲンガー」確定2発。

特殊攻撃:『フリーズドライ』でH振り『カプ・テテフ』確定3発。

Sライン:S-1最速メガボーマンダ(実数値126)抜き抜き抜き。127ラインのがんぷうガルーラも抜くことが出来る。準速マンムーより遅いが、珠持ちでないマンムーならじしんの下からみがわりを貼れ、珠持ちはカプ・コケコ意識でDに回していると感じたためあまり気にならなかった。

 

 

 

以上が僕の考えた新しいオニゴーリです。正直むじゃきオニゴーリより火力を削りすぎかなあとも感じますが、ボルトロスがいない環境での起点作りの難しさを考えるとこれで仕方ないと感じるとともに、対オニゴーリポケモンが少ないとも感じましたので、十分戦っていけるでしょう。それでは、諸君が笑顔で語る良い知らせ待ってます。

 

 

【追記】f:id:yukkyrinrinrin:20170119163526p:image

これでいいです。意地ガブのじしん確定、ひかえめテテフのサイキネ最高乱切りでみがわり貼れます。Sも最速70属抜けます。

【雑記】威張る

シングルバトルでのタスキCSボルトロスの『威張る』についてです。

この場合、『威張る』は2つの側面を持ちます。

1つ目はウェポンとしての側面です。ダブルバトルでは『でんじは』でマヒ痺れを引くことを“ボルト式ねこだまし”と呼びますが、威張るの場合、実際にダメージが入ります。そうしてボルトロスへの被弾を回避し、「ボルトロス」からの攻撃の圏内に入れるために非常に有用です。仮に自傷を引かない場合でも、〈きあいのタスキ〉を盾にもう一度自傷チャンスがあります。例えば、〈こだわりスカーフ〉持ち「ガブリアス」対面では、謎の『ダブルチョップ』を押される場合を除いて確率こちら有利です。

2つ目は起点作りとしての側面です。こんらんという状態異常は交代をすることで治ってしまいますが、逆に言えば交代を誘発できる状態異常です。シングルバトルでは、いつ解けるかわからない50%行動のポケモンで盤面を解決するか、交代するかです。そのため、「ボルトロス」が倒された場合に、裏から積みポケモンを出すことで確率での行動保証が取れます。僕は、交代もしくは自傷をした場合、行動そのものが純粋なターンアドバンテージになり、自傷しなかった場合にも次の行動が保証されやすい『みがわり』を積み技と採用しています。高速アタッカーである「メガゲンガー」や、特性が『みがわり』とシナジーがある「オニゴーリ」などが推奨されます。「ボルトロス」は特性により威張るを先制技として撃てます。タスキで耐えた死に際に撃つこともとても強い使い方です。

このように自身のポテンシャルの高さを最大限に活かし、複数の側面を同時に持つことができるタスキCSボルトロスはシングルバトルでとても有用だと考えられます。

【シングル】僕らのORAS ボルトの威張る〜最終シーズン2000達成構築〜

f:id:yukkyrinrinrin:20160913093312p:image

 

オメガルビーアルファサファイアレーティングバトル最終シーズンお疲れ様でした。

僕は多忙によりシングルバトルしか出来なかったことに悔いが残りますが、ここに書き記すことで出来たことを良い思い出にしようと思います。

 

【イカれたメンバーたち】

ガルーラ@ガルーラナイト〔きもったま→おやこあい〕

 性格:いじっぱり

能力値:191-176-121-×127-152(メガ後)

努力値:84-116-4-×-52-252

からげんき グロウパンチ いわなだれ ふいうち

 

 

 

・採用理由

選出抑制・予想能力が高く、またからげんきとグロウパンチを採用することによって、小賢しさ(例:おにびゲンガー、おにびロトム、おにびヤミラミ、おにびファイアローブルンゲル)を制圧することが出来るため。いわなだれにより、耐久型の突破や、受けループに睨みを利かせてもいる。

 

 

・技構成、持ち物、努力値配分

↓こいつ

 http://ptrst102.hatenadiary.jp/entry/2015/07/18/013059

 

 

 

スイクン@ゴツゴツメット 〔プレッシャー〕

性格:ずぶとい

能力値:207-×-176-110-135-113

努力値:252-×196-0-0-60

ねっとう こごえるかぜ リフレクター ほえる

 

 

 

・採用理由

流し技を持ち、ハッサム入りの積みサイクルに強く出られるゴツメ枠が他に思いつかなかったから。この型のスイクンしか持ってなかったから。

 

 

 

・技構成

ねっとう:ウェポンと呼ぶには威力が乏しいメインウェポン。3割を狙ってしか撃たない。

こごえるかぜ:主にガブリアスへの遂行技。ガルーラ対面で押すことは余り利口ではなくなった。ボーマンダや、カイリューの起点回避にも。

リフレクター:もともとこごえるかぜで素早さを下げたガルーラ対面で撃つ技だったが、オニゴーリの起点作成や、その他の裏のポケモンの耐久補助として撃つことの方が圧倒的に増えたためとても扱いが難しくなった。

ほえる:起点回避。スイクンを捨てる際に対面操作としても使えるため有用。タイマン性能を上げるという意味でのミラーコートとの選択。

 

 

 

・持ち物

物理接触技への受け出しにアドバンテージを生むため。役割対象への遂行に必要。

 

 

 

努力値配分

すばやさ:最速マリルリ抜き。こごえるかぜ1回で最速ガブリアス抜き。

耐久:余り全て。行動回数を最大限に増やすことで擬似的な火力上昇。

 

 

 

化身ボルトロス@きあいのタスキいたずらごころ

性格:おくびょう

能力値:155-×-90-177-100-179

努力値:4-×-0-252-0-252

10まんボルト めざめるパワー氷 きあいだま いばる

 

 

 

・採用理由

当時は先発で起用し、でんじはいばるで、裏のオニゴーリやゲンガーの起点を作成するつもりで採用したが、余りにも選出しまくるため、タイマン性能を上げられるよう、でんじはを抜いてきあいだまを採用しました。通称ゆきEXボルトである。先発ガルーラ対面した場合、これまでだったら威張る(自傷前提)か、スイクンバック(ひみつ、グロウパンチ等非考慮)、ゲンガーバック(素すてみ、素ひみつ、かみくだく等非考慮)などの後ろ向きな行動ばかりをしていましたが、100数戦するうちに、こちらの先発ボルトロスに対して、ひみつのちから以上の打点で殴ってくることが少ないと感じました。ひみつのちからはお相手がA特化でもボルトロスは無振りで耐えるため、1度は居座ることが出来る計算になります。そこで僕はきあいだまを採用し、初手ガルーラ対面では10万ボルトから入ることにしました。するとどうなるでしょう。以下4つのパターンに分けて考えます。

①ひみつのちから以下の打点の技(かみくだく等)

10万ボルトがほとんどのガルーラに対して4割前後入ります。ひみつのちからは耐えます。相手は次の10万も耐えるため、こちらのでんじは・交代を加味した場合、1ターン分損をするふいうちを選択することはほとんどないでしょう。そこで2ターン目きあいだまを押します。ここは10万ボルトのダメージを見て判断することも出来ますが、特防に振っていないガルーラなら耐えられません。勝ちです。

ねこだまし

ボルトロスに半分ほど入ります。相手はこちらが耐久に振っていないことがわかるため、CS特化をまず疑います。その場合、最も危険な珠ないしメガネきあいだまを警戒し、ふいうち、もしくは交代を選択するでしょう。そこで2ターン目は、そのどちらのパターンにも有効な威張るを撃ちましょう。ふいうちの場合は言わずもがな、交代の場合は、こちらのタスキがすでに潰れているため、ターンアドバンテージを得ることはとても重要なことと言えます。仮にガルーラがふいうち以外の技で突っ張ってきた場合にも自傷します。3ターン目ですが、相手はこちらが確率で制圧しようとしているように見てるので、ここでのふいうちはほぼないと言えるでしょう。自傷ダメージ+きあいだまでAを削ってBに割いていないガルーラなら倒れます。きあいだまを撃ちましょう。Aを削っている、もしくはDに振っていて耐えられた場合にも自傷します。勝ちです。

グロウパンチ

1度だけされました。2ターン目きあいだまを撃ったらふいうちで殺されたので、次からは威張ろうと思います。相手自ら自傷ダメージを上げているので10万+自傷で相当なダメージが入ることでしょう。次は勝てます。

④ひみつのちからより高い打点で殴ってきた場合(すてみ、冷パン、なだれ等)

死にます。最悪の場合タスキもバレます。負けです。ほとんどされることは無くなったよう感じますが、悲しいです。一応10万ボルトのダメージは入るので池沼行動ではありません。Twitterでは叩かれないでしょう。実質勝ちです。

また、以前のゆきEXボルト〜プロトタイプ〜では、10万ボルトがほうでんでしたが、ウルガモスへの乱数が弱くなり致命的である、初手ガルーラに対してほうでんで麻痺を引いた場合次のターンふいうちを撃たれやすくなり採用順が上であるきあいだまの採用理由が弱くなる、エーフィが選出されないいない、そもそも麻痺らない、などの理由により、10万への回帰をしました。

 

 

 

・技構成

10万ボルト:メインウェポン。等倍範囲で最大火力。

めざめるパワー氷:ガブリアスを1回の自傷で倒すために必要。主に4倍弱点勢へ。

きあいだま:マンムードリュウズユキノオージバコイルなどを殴れるようになる。ラムを盾に突っ張ってくるゲッコウガにも勝てるように。

いばる:起点作成、チャンスメイク技。最後まで諦めない。

 

 

 

・持ち物

A2段階上昇ガブリアスストーンエッジ急所を耐えるために必要。

 

 

 

努力値配分

タスキで耐久は無限大なのでCS特化。

 

 

 

オニゴーリ@たべのこし 〔むらっけ〕

性格:むじゃき

能力値:161-108-101-120-90-144

努力値:44-60-4-156-0-244

まもる みがわり フリーズドライ じしん

 

 

 

・採用理由

サンムーンで使えるかわからないから。

 

 

 

・技構成

まもる:積み技

みがわり:積み技

フリーズドライ:スイクンマリルリなども殴れるようになるメインウェポン。凍るし急所ワンチャンもある。

じしん:ヒードランジバコイルギルガルドなどを殴れるようになる。メガゲンガーへの遂行速度を上昇。

 

 

 

・持ち物

みがわりをいっぱい出すために必要

 

 

 

努力値配分

HP:16n+1

攻撃:H振りメガゲンガーをじしんで2発だったかな

特攻:H振りスイクンをフリドラで3発だったかな

素早さ:最速マンムー抜かれ調整

防御:余り

 

 

 

ガブリアス@ヤチェのみ 〔さめはだ〕
性格:ようき
能力値:183-165-133-**-105-169
努力値:0-116-140-**-0-252
げきりん じしん がんせきふうじ つるぎのまい

 

 

 

・採用理由

選出画面で電気の一貫を切り、タイプ・種族値・技・型の豊富さにより、汎用性の高い立ち回りに期待ができるため。鋼・いかくを含むサイクルパーティや、増えたウルガモス入りによく選出していた。

 

 

 

・技構成・持ち物・努力値配分

↓こいつ。

http://yukkyrinrinrin.hatenablog.com/entry/2016/05/12/091608

 

 

 

ゲンガー@ゲンガナイト 〔ふゆう→かげふみ〕

性格:おくびょう

能力値:155-×-104-199-116-200(メガ後)

努力値:156-×-28-68-4-252

たたりめ ヘドロばくだん さいみんじゅつ みがわり

 

 

 

・採用理由

いっぱい殺せるから。

 

 

 

・技構成

たたりめ:さいみんじゅつとのシナジーがあるため。シャドーボールはゲンガーしか殴れないため。

ヘドロばくだん:相手が状態異常でない場合の最高打点。ノーマルタイプや悪タイプを殴るために必要。

さいみんじゅつ:いっぱい殺せるから。

みがわり:ボルトが残した威張るや、さいみんじゅつで自主起点作成ができるから。エースであるため、複数体を倒してもらう必要があったから。

 

 

 

・持ち物

メガシンカするために必要。

 

 

 

努力値配分

素早さ:最速。

物理耐久:メガ後A200ガブリアスげきりん確定耐え。メガ前にローブシンランドロスのはたきおとすも耐える。メガ後みがわり状態で、A194メガガルーラかみくだく、ふいうちで身代わり1回分のHPが残る。雪崩、冷パン、炎パンなら2回分残る。

特殊耐久:C167メガネライコウのシャドボ確定耐え。

火力:余り。

 

 

 

【選出について】

基本選出:ボルト先発。裏ゴーリゲンガー。ボルトで起点作成後ゴーリゲンガーで身代わりを残して頑張る。

ガブリアス選出:ゴーリが出しづらい強炎タイプや鋼アタッカーがいる場合。どうしてもボルトが出せない時の先発崩し。

ガルーラ入り:純正受けループ、ヤミラミ入りなどに。

スイクン入り:ハッサム入り積みサイクル、ゴーリピクシー、なんか出したくなった時などに。

 

 

 

【総括】オニゴーリでたくさん遊べてよかったです。ORASが終わらなければ、取り巻きも含めまだまだ研究して行きたかったポケモンの1匹です。サンムーンになってもポケモンはまだまだ続けていきますので、みなさん一緒に頑張りましょう!それではORAS戦士の皆様、お疲れ様でした!!

【ポケモンコマスター】クエストドロップ表

ポケモンコマスターのクエストでドロップするフィギュア・プレート一覧です。

 

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1FD5XItFCnGTCZ-Eo10lCyNAzcLxEPwcYZqIdEP3-iB8

【ポケモンカード】【日記】カメックスメガバトル福岡大会〜プレミアステージ編〜

前の記事はこちら

無敗で迎えたプレミアステージ。あと3連勝でクライマックスステージへ。ここでデッキを入れ替えます。

使用デッキはこちら↓
f:id:yukkyrinrinrin:20160530174134j:image

ビーゾロですね。序盤はゾロアークでアバレ、終盤はビークインでアバレが強いこのデッキ。汎用性の高さにより慎重にかつ柔軟に戦えることを買って採用。頑張ります。


【対戦ログ】
プレミアステージ1戦目
お相手好青年。とても好印象。しかしこちら2回マリガン。ビーゾロがバレる(しかもビーゾロでマリガンかよ…)。3回目でそろうもハンドに2枚「ダブル無色エネルギー」をかかえる。しかもサポートが「プラターヌ博士」しかいない。「時のパズル」が入っていないためとてもつらい。お相手は「ライボルトEX」。「MライボルトEX」になられると『ターボボルト』でこちらの「ゾロアークBREAK」以外全てワンパンされるためこれまたとてもつらい(「うねりの大海」が入っていた場合オーロットフーディンの方がつらかったためデッキ変更は正解かも)。先行はこちら。幸い「ハイパーボール」があったため「シェイミEX」を呼び出して〔セットアップ〕。「N」を神引きしてマリガン分を取り返してターンエンド。お相手のターン。いきなり、
お相手「ポケモンキャッチャーで」
僕「なんて?!」
ニコタマをつけたポケモンを呼ばれるだけでつらすぎる。やめてくれ。幸いコインはウラ。一安心。「ハイパーボール」でシェイミEXをサーチして〔セットアップ〕。ここで、
お相手「ポケモンキャッチャー」
僕「なんて?!!!」
これまた幸いウラ。ビビる。バトル場の「ライボルトEX」にソウルリンクを貼って、「プラターヌ博士」。なんと「ライボルトソウルリンク」が2枚も落ちる。これは「N」が効いたか。ターンエンド。2ターン目以降はお互い順調に回して殴り合いに。「MライボルトEX」を「ゾロアーク」の『マインドジャック』と「ビークイン」の『ビーリベンジ』で倒したところでやはりお相手ソウルリンクはもうないようで少し楽になる。サイド2対2になったところでこちら「パラレルシティ」で「シェイミEX」を逃す。間に合ってよかった…。そのままお相手サイドが2枚のまま山札が1枚に。山札切れで勝ち。こちらも「ダブル無色エネルギー」は枯れていたため辛勝。とてもいい試合でした。試合後に、
お相手「バトルサーチャー入ってないんですよ〜、オーロット警戒で〜」
僕「いやキャッチャーめっちゃ撃ったやん!!」


プレミアステージ2戦目
お相手中学生らしいちっちゃな男の子。女子供には逆に燃え上がる僕。頑張ります。こちらのマリガン1回の後(またかよ…)、お相手先行で試合スタート。対戦よろしくお願いします。お相手スタートは「シェイミEX」。よしよし。バトル場に「ボクレー」と「シェイミEX」を出される。ターンエンド。こちらのターン。ベンチに進化前を並べ、次のターン「ゾロアーク」に進化して殴れる状況を作りターンエンド。その後お相手がベンチで「オーロット」に進化した返しのターンに「フラダリ」宣言。「オーロット」の技『ウッドスラム』こちらの「ゾロアークBREAK」の技『イカサマ』でパクって弱点を突き「オーロット」を倒す。こちらは負け筋を潰すプレイングにスイッチ。お相手ベンチで準備をしつつ「シェイミEX」の『スカイリターン』連打。お相手のベンチが3体以上並ばないためこちらの『マインドジャック』のダメージが上がらない。「ゾロアークBREAK」にダメージが溜まってきた辺りでこちらシビレを切らし技『イカサマ』で『スカイリターン』。何だコレ…。育てた「ゾロアークBREAK」を手札に(一応後ろに「ゾロアーク」立てているけれども)。余りに慣れない状況にお相手のターン中に、『スカイリターン』が正しかったのかの振り返りと次のターンのことを考えていて、お相手の宣言をはいはいで聞き流していると、
お相手「ハイパーボールで」
僕「はい(手札を見ながら考え)」
お相手「N撃ちます」
僕「はい(手札を見ながら考え)」
お相手「N撃ちます!!!(半ギレ)」
僕「あ、はい!ごめんね!(手札をすべて山札にもどし、山札を切る。その後、自分のサイドの残り枚数ぶん、山札を引く)」
怒られました。その後再び「フラダリ」オーロットBREAK呼び出しを決め『イカサマ』ウッドスラム連打で「オーロット」を潰す。程なく勝利。あと1勝!!頑張るぞ!!


プレミアステージ3戦目
そうだ今日はアイツをやれ
袋叩きにして痛めつけてやれ
どうだ平和 僕のおかげ
君たちは僕らのテリトリーなんです
f:id:yukkyrinrinrin:20160530183027j:image
行進相手にこちらの後攻1ターン目で投了しました。終わり。


【レシピ】




すごいつりざお 1
ウンマップ 1
ハイパーボール 4
バトルコンプレッサー 2
バトルサーチャー 4
びっくりメガホン 1
ちからのはちまき 2
かるいし 1

グッズ 17


N 2
センパイとコウハイ 1
フラダリ 2
オカルトマニア 1

サポート 12


パラレルシティ 2
巨大植物の森 1

スタジアム 3


ダブル無色エネルギー 4
基本悪エネルギー 4

エネルギー 8


【個別解説】
まだ錬れるので次回(あれば)。


サブイベント編に続く。